風力タービンのグリース注入

風力発電所用には、最高の潤滑油システムが必要です。潤滑に関連する故障がひとつでも起これば風力タービンは安全モードに入るため、不具合は許されません。すべて損失に繋がるのです。とくに人里離れた場所では、サービスに電話することもできません。よって自動潤滑システムは、完全なソリューションを提供するために多くの箱状機器をチェックする必要があります。Twin ヘビーデューティーシステムがこのような広範囲な需要を満たします。Groeneveld-BEKA は完全組み込み済み Twin システムを、風力タービンの自動グリース注入が必要な全コンポーネントと組み合わせて提供します。

自動的により優れた潤滑

風力タービンでは、ヨー制御のベアリング、発電機、ピッチベアリングのレース、オープンギア、メインベアリングに自動的に潤滑油を注入しなければなりません。Groeneveld-BEKA の Twin heavy-duty システムはこれらすべての用途に適した完全なソリューションです。Groeneveld-BEKA Twin による自動潤滑システムには、次のような多くのメリットがあります。

  • 潤滑した部品の寿命が伸びます。すなわち修理とメンテナンスによるコストと稼働停止時間を減らします
  • ベアリングとギアへの潤滑油の注入はタービンの動作中に行われるので、グリースは潤滑するべき表面により良く行き渡ります
  • グリースは少量ずつ短い間隔で注入されるので、ピボットポイントの周りや潤滑が必要な表面上にグリースの環または膜が形成され、その結果泥や水が遮断されます
  • 小量ずつ短い間隔で潤滑油を注入するので、密閉性が保たれます

要約: 修理やメンテナンス費を削減し、潤滑油注入を最適化してグリースの消費を減らし、風力タービンの稼働時間を増やします。

潤滑が必要な風力タービンのコンポーネント 

風力タービンに Groeneveld-BEKA 潤滑システムが必要な理由

もちろん、風力タービンにはメンテナンスが可能です。自動潤滑システムにもメンテナンスは必要です。しかし、自動潤滑システムのメンテナンスや修理のために風力タービンのところまで行くことはありません。Twin のヘビーデューティシステムの信頼性には実績があり、定期的なメンテナンスによって問題を起こさず長期間の使用を確保できます。

  • 比較的作動圧が低いため、Twin は非常に使用期間が長く、グリースの品質が維持されます
  • 高品質の分配器と可動部品のない分配器ブロックは、少なくとも 25 年間作動します。

segment_content_image_wind_farm_top.jpg

Groeneveld-BEKA は潤滑システムだけでなく、追加機器も提供しています。オープンギアの適切なグリース注入のために、Groeneveld-BEKA はグリース注入スポンジを供給します。自動潤滑システムで注油し、スポンジでオープンギアにグリースを均一に注入します。この方法でグリースの過不足を防げます。 

segment_content_image_wind_farm_open_gear_lubrication.jpg

Timken は風力タービン用のベアリングの最先端メーカーです。よって、Groeneveld-BEKA はタービン用ベアリングの必要な技術データの詳細をすべて入手しています。主な可動部品のグリースへの要求を知った上で、Groeneveld-BEKA は比類のないカスタムメイドの潤滑ソリューションを供給しています。segment_content_image_wind_farm_timken.jpg

Twin についてもっと知る

以下の製品の画像をクリックして、Twin 製品ページに移動し、完全組み込み済みソリューションについてご検討ください。

風力タービン区分のパンフレットをダウンロード 

Groeneveld-BEKA に問い合わせ